ウェーブス(仮想通貨):将来性や価格動向、展望を詳しく解説

Waves(WAVES)は2016年に設立した独自のトークンを作成することが可能な分散型取引所プラットフォームですプラットフォームで利用されている仮想通貨はWAVESです。

 

そこで、今回は仮想通貨Waves(WAVES)とは何か、その買い方や特徴など、注目を集めている仮想通貨Waves(WAVES)について簡単に解説していきます。

 

興味を持つ方は仮想通貨Waves(WAVES)の買い方も含めて、この記事をご参考ください。

 

BTCCでは現在、仮想通貨Waves(WAVES)の無期限先物取引サービス(WAVES/USDT)を提供しており、詳しくはBTCCの公式サイトでチェックしましょう。

 

Waves(WAVES)は2016年に設立した独自のトークンを作成することが可能な分散型取引所プラットフォームです。プラットフォームで利用されている仮想通貨はWAVESです。

 

・仮想通貨Waves(WAVES)の概要・基本情報

通貨名 Waves/ウェーブス
シンボル WAVES
取扱取引所 国内:未上場
海外:バイナンス、BTCCなど
時価総額 ¥29,716,892,654
※2023年8月4日現在
公式HP https://waves.tech/

 

WAVESは、ロシアの物理学者Alexander Ivanovが2016年に設立した分散型アプリケーションプラットフォームです。

 

カスタムアプリケーショントークン(Custom Application Token)と呼ばれるトークン作成機能を持ち、ユーザーはプログラミング不要で独自のトークンを作成することができます。

 

作成されたトークンには、送金機能など様々な機能を持たせることができます。

 

現在、仮想通貨Wavesはまだ国内の仮想通貨取引所に上場していませんが、Wavesを購入する場合、海外の取引所を利用することが必要です。

 

BTCCでは現在、仮想通貨Waves(WAVES)の無期限先物取引サービス(WAVES/USDT)を提供しており、詳しくはBTCCの公式サイトでチェックしましょう。

 

仮想通貨Waves(WAVES)の特徴


仮想通貨Waves(WAVES)は他の仮想通貨プロジェクトと比較して、下記のような特徴があります。

 

√仮想通貨Waves(WAVES)の特徴

DEXを提供している

 

・高速かつ低コストで取引できる

独自のトークンを作成可能

 

順番に見ていきましょう。

 

 

・独自のトークンを作成可能

WavesWAVES)では、カスタムアプリケーショントークンと呼ばれる独自トークンを作成することができます。

 

WavesWAVES)の機能により、ユーザーはプログラミングの経験がなくてもトークンを発行することができます。

 

独自のトークンは、拡張機能としてインストールされるプラグインによって、異なるトランザクションタイプを付与することができます。

 

DEXを提供している

WavesWAVES)は、Waves Exchangeと呼ばれる分散型取引所(DEX)を提供しています。

 

Waves Exchangeは、極めて高速な取引と決済額の0.003%という極めて低い取引手数料により、世界で「最も安全な暗号通貨取引所」、「最も高速なDEX」と評されています。

 

また、WavesWAVES)は、クレジットカードでビットコイン(BTC)やその他の仮想通貨を購入するための独自のモバイルウォレットを提供しています。

仮想通貨Waves(WAVES)のチャートと現在の価格動向


続いて、仮想通貨Waves(WAVES)のチャートや現在の価格などについて紹介します。

 

・仮想通貨Waves(WAVES)のリアルタイムチャート

 

Waves チャート

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/